おもちゃのまち

おもちゃのまちは、栃木県下都賀郡壬生町内にある地名、地域名である。1960年代に玩具工場が相次いで誘致されたためこの名がつけられた。「玩具の町」「おもちゃの町」ではなく、すべて平仮名で表記する。

住居表示としてのおもちゃのまち(おもちゃのまち一丁目からおもちゃのまち五丁目)と、それを含んだ地域名と2つの意味があるが、ここでは後者の意味について扱うものとする。

1977年、おもちゃのまち駅の名に因んで住居表示が実施され、おもちゃのまちは正式な地名となる。また、人口の増えたおもちゃ団地のために壬生町立睦小学校が新設され、地名としてのおもちゃのまちのみならず、同校の学区すべてが「おもちゃのまち」と呼称されるようになった。

壬生町旧市街地をしのぐ発展を続けたおもちゃ団地であったが、近年の例に漏れず、コスト軽減のため工場海外移転や輸出高減少などに見舞われ、存在していた工場は次第に撤退、もしくはプラスチック加工・部品製造など普通の工場に変化、さらには流通拠点のための倉庫が設置されるなど、当初の「おもちゃのまち」としての色は薄れてきており、前述の通り宇都宮・栃木両市のベッドタウンとなるなど性格が変化している。

1995年には、「おもちゃのまち」の歴史及び名にちなんだ壬生町おもちゃ博物館が建設され、周囲一帯が総合公園として整備された。ただし、壬生町おもちゃ博物館はいわゆる「おもちゃのまち」内ではなく、少し離れた壬生町国谷に位置する。 バンダイは2006年8月まで千葉県松戸市に開設していたバンダイミュージアムをおもちゃ団地内のバンダイコレクションセンター内に移転、「おもちゃのまちバンダイミュージアム」として2007年4月28日にオープンした。


チョロQ マツダK360 郵便車


Qステア スターターセット(コルベットC3)QSH01
動きがダントツ!小回りがきく!チョロQ、 QSTEER『キューステア』これはもう、本格的ラジコンだ〜世界最小級赤外線コントロール付きチョロQはiモード携帯電話でもコントロール可能。6方向走行可能ダッシュボタンで2スピード走行。 ABCDバンド切り替えつき同時に4台まで操作可能!*赤外線到達距離は30度、約1.5mです。■セット内容(チョロQ本体、コントローラー、ボタン電池LR44×4個(セット済み)てづくりパイロン2枚。サイズ:チョロQ約5cm/ゴントローラー約5cm


チョロQ スタンダード 39 RX-7 SPRIT R


チョロQ ジャンボスカイランGT-R(R34)


ちびっこチョロQ ちびっこチョロQコレクション




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。