エレコムとタカラのコラボによる『チョロQマウス』

エレコムとタカラのコラボによる『チョロQマウス』
エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長 葉田順治)は、株式会社タカラ(本社:東京都葛飾区、代表 取締役社長 佐藤慶太)と共同開発した『チョロQマウス』を6月から発売することになりました。『チョロQマウス』 は個性的な愛らしいデザインで知られる「日産マーチ」を起用し、「チョロQ」と同サイズの小さなボディにパソコン 用マウスとして必要な機能を凝縮。カラーバリエーションは全6色をラインナップいたしました。 なお、企画は株式会社タカラの100%子会社であるタカラモバイルエンタテインメント株式会社(本社:東京都 千代田区、代表取締役社長 上村高広)、発売元はエレコム株式会社となります。発売は7月上旬の予定となっております。

● 光学式イメージセンサなので机の上はもちろん服の上でも操作することができモバイルでのご使用にも最適です
● 小さなボディでもホイール付でマウスとしての操作性も損ないません
■ サイズ:W29.6×D49.0×H28.9mm
■ 対応OS:Windows XP/Me/98/2000
■ インターフェイス:USB
■ 分解能:400カウント

チョロQとは・・・
1980年発売以来、“チョロチョロ走るキュートなクルマ”をキャッチコピーに、独自のデフォルメデザインと強力なプルバックエンジンを搭載したミニカーとしてタカラのロングセラー商品となっています。現在までに累計1億3000万台以上を販売し、親子三世代に渡って 愛されています。

おもちゃのまち

おもちゃのまちは、栃木県下都賀郡壬生町内にある地名、地域名である。1960年代に玩具工場が相次いで誘致されたためこの名がつけられた。「玩具の町」「おもちゃの町」ではなく、すべて平仮名で表記する。

住居表示としてのおもちゃのまち(おもちゃのまち一丁目からおもちゃのまち五丁目)と、それを含んだ地域名と2つの意味があるが、ここでは後者の意味について扱うものとする。

1977年、おもちゃのまち駅の名に因んで住居表示が実施され、おもちゃのまちは正式な地名となる。また、人口の増えたおもちゃ団地のために壬生町立睦小学校が新設され、地名としてのおもちゃのまちのみならず、同校の学区すべてが「おもちゃのまち」と呼称されるようになった。

壬生町旧市街地をしのぐ発展を続けたおもちゃ団地であったが、近年の例に漏れず、コスト軽減のため工場海外移転や輸出高減少などに見舞われ、存在していた工場は次第に撤退、もしくはプラスチック加工・部品製造など普通の工場に変化、さらには流通拠点のための倉庫が設置されるなど、当初の「おもちゃのまち」としての色は薄れてきており、前述の通り宇都宮・栃木両市のベッドタウンとなるなど性格が変化している。

1995年には、「おもちゃのまち」の歴史及び名にちなんだ壬生町おもちゃ博物館が建設され、周囲一帯が総合公園として整備された。ただし、壬生町おもちゃ博物館はいわゆる「おもちゃのまち」内ではなく、少し離れた壬生町国谷に位置する。 バンダイは2006年8月まで千葉県松戸市に開設していたバンダイミュージアムをおもちゃ団地内のバンダイコレクションセンター内に移転、「おもちゃのまちバンダイミュージアム」として2007年4月28日にオープンした。


チョロQ マツダK360 郵便車


Qステア スターターセット(コルベットC3)QSH01
動きがダントツ!小回りがきく!チョロQ、 QSTEER『キューステア』これはもう、本格的ラジコンだ〜世界最小級赤外線コントロール付きチョロQはiモード携帯電話でもコントロール可能。6方向走行可能ダッシュボタンで2スピード走行。 ABCDバンド切り替えつき同時に4台まで操作可能!*赤外線到達距離は30度、約1.5mです。■セット内容(チョロQ本体、コントローラー、ボタン電池LR44×4個(セット済み)てづくりパイロン2枚。サイズ:チョロQ約5cm/ゴントローラー約5cm


チョロQ スタンダード 39 RX-7 SPRIT R


チョロQ ジャンボスカイランGT-R(R34)


ちびっこチョロQ ちびっこチョロQコレクション



ちびっこチョロQ

チョロQの最新情報やコレクションをキュートな視点で初心者にも丁寧にお伝えするチョロQ☆スタイル
9月10日から発売し始めたちびっこチョロQ、USカーコレクション、トランスポーターセット。
そして今日紹介する「ちびっこチョロQパトロールカーコレクション」。



【タカラトミー】チョロQ Qステア QSH04 RX-7 パトロールカー
カスタマイズパーツ付属のハイパフォーマンスセット。ハイスピードギヤユニット付属でスピードUPのカスタマイズ可能。

以前紹介したときは勘違いしていたのですが、定価473円と今回は少し安いです。(前回のリアルレーシングコレクション3は税込み500円。)フロントの警察のマークが一際目を引いた。
小さいパーツで再現しているのである。
細部にわたるこだわり。
別パーツだったり、小物だったり、実車に近づけようとする再現だったり、最近、チョロQよりもちびっこチョロQの方が気合を感じます。パトロールカーコレクションは今回第14弾で新登場したR33を早速
使い、R32、R33、R34のパトカーが集合させさらにラインナップを濃厚なものとしている。スカイライン50周年を意識していることも感じさせます。



【旧番】チョロQ40 セリカ (TA22)



電車チョロQ06 E231系 総武線


チョロQ D1グランプリシリーズ04 ヴェルテックス JZZ30 ソアラ(上野高広)
軽量化したソアラで迫力いっぱいのドリフトをキメてきたヴェルテックスソアラ。いつでも赤いスーパーマシンに視線が集まります。チョロQでは大胆なGTウィングも再現されています。



ちびっこチョロQ ちびっこチョロQコレクション

チョロバイ

リーダーが遊びに来た!リーダーは本当にオートバイの事が好きなんだ。オートバイの小さいおもちゃ?ん?なんて言えばいいのか?ミニチュアって言うのかな?すごく沢山コレクションしているみたいで、いくつか見せてもらった。ちょっと小さいものから、かなり大きいものまで。すごく細かく、精巧に出来ていて、びっくりした。写真のチョロバイはぺのおもちゃに持ってきてくれた。このチョロバイこつがあって、うまくやらないと、全然走らない(>_<)いまだに出来ず…。リーダーはやっぱり上手でした。


チョロバイ 06「VINO」


チョロバイ11 CB750F


チョロバイ VT250F INTEGRA 銀メッキ


チョロバイ07 RZ250



ちびっこチョロQ ちびっこチョロQコレクション


カウル

タカラトミーから新発売された「カウル」と「Qステア」の比較をしてみます。
カウルの車種は7種類。ハッチバックのコンパクトカーがほとんどです。
その中からチョロQにある「プリウス」をチョイスしてみました。
大きさは チョロQが実車の約1/100に対して カウルは1/38。
Qステアと比較してみます。
旋回性能もカウルは大きさの割に高くQステアとほぼ同じです。サスペンションも一応あるので遊びやすさは及第点ですが、ダッシュボタンなどがない分 飽きが早そうです。
組み立てる手間(組み立てるのも楽しみのひとつですが・・・)が面倒なのとシールなのがマイナスポイント。Qステアに比べるとかなりチープです。
駆動輪のリアホイールがランナーについていてバリをとるのにカッターかヤスリで平らにする必要があります。
これは小さな子どもさんには向かないです。そう思ってパッケージをみたら対象年齢は8才と結構高いです。
車種ラインナップもあまりぱっとしないので(実車ファンの方ごめんなさい)今後に期待したいところです。
価格は一見 カウルがQステアの約半分とコストパフォーマンスに優れているようにみえますが、電池が別売りで 組立が必要。ボディは塗装されていますが、わざわざモールドがあるライト等の上にシールを貼るのはいただけないです。自分で塗装してカスタマイズしてあげるとよくなりそうです(塗装カスタマイズが前提かも?)。


カウル/CAUL プリウス(トヨタ)


タカラトミー チョロQ 50 インプレッサWRX【税込】 チョロQ50インプレッサWRX [チロQ50インプレサWRX]【デジタル0702】
チョロQ 50 インプレッサWRXです。
戦闘的なボンネットのエアスクープやリアスポイラーをリアルに再現!


チョロQ39 RX-7 スピリットR


チョロQ スタンダード 05 エスティマパトロールカー
実車をデフォルメした小さな車体。
ゼンマイによるプルバック走行が特徴のチョロQシリーズ
「スタンダードエンジン」搭載


ちびっこチョロQ ちびっこチョロQコレクション




Qステア

Qステアは、数年前にタカラが発売していた「デジQ」の後継だと思います。デジQは、ステアリングもスピードもデジタルプロポーショナルシステム(微調整が)可能でしたが、Qステアは、微調整ができないのでデジQの後継として考えると、ちょっと物足りなく感じます。

チョロQの人気ですが、楽天ランキング市場では、「Qステア レーシングセット インプレッサ&ランサーWRC編」がトップでした。
でもこれは、リモコンのチョロQ
3位に「チョロQ 建設隊 インナーBOX(12個)販売」
セット物ですね。単体では、6位の「チョロQ94 トヨタ スプリンタートレノ(AE86)」イニシャルDの影響でしょうか。
チョロQ可愛いですよね。私も何台か持っています。
ウチの猫がチョロQで遊びます(笑)


Qステア スターターセット スプリンタートレノ(AE86)

AE86型トレノ・通称「ハチロク」と呼ばれる。スプリンタートレノ最後の後輪駆動車として知られ、今日でも根強い人気を誇る。パンダカラーのQステアハチロクは、机の上、テーブル上を縦横無尽に走り回ってくれることだろう。


Qステア QSS10 ボンネットバス


【タカラトミー】チョロQ Qステア QSH04 RX-7 パトロールカー
カスタマイズパーツ付属のハイパフォーマンスセット。ハイスピードギヤユニット付属でスピードUPのカスタマイズ可能。


富士サファリパーク ライオンバスチョロQ
富士サファリパークで販売されている限定チョロQです。


ちびっこチョロQ ちびっこチョロQコレクション



【お薦めサイト】
 クリスマスローズの花言葉
 川島なお美 素敵な川島なお美
 大阪府への楽しい旅行
 京都アニメーション
 華麗なる一族 結末ネタバレ
 スーパーラジコン スーパーラジコンの魅力
 槇原敬之の僕ら
 脱毛ミスパリ
 フリーダイヤル
 ブエラリアの効果
 メタルギアソリッド3攻略
 フロアーマット 美しいフロアーマット
 フェアリーテイル 妖精のフェアリーテイル
 京都タワー
 ジョン・ガリアーノ 魅惑の世界
 ハンドメイドワンピース
 竹下通り
 リサイクルされないペットボトル
 さとえりブログ さとえりの世界
 オリエンタル工業
 しだれ桜 全国20選
 防災頭巾と地震
 王貞治の栄光と挫折


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。